上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は書きたいのだ。
スパイク家が送ってくれたカロリ。(リクエストしたのは管理人。)で
テンション上がってるし。

自画自賛的ノリはあんまり好みじゃないんだけど
今日は書きたい。

まだまだ、ぜんぜーんバセット道を極めてない管理人だから
ただ単にラッキーだっただけなのかもしれない。

すっごい先輩達の偉業から勉強させてもらって
+亡きお師匠の言葉を読み直して理解するとか
チョイスしたペディグリーバランスがナイスだったとか

そーいう感じで
すべてがうまくいってるだけだぞー、調子に乗ったら終わり。って
管理人の感覚はそー言ってる。

当のスパイクのオーナー家は
何が何だかわからないまま
日本のチャンピオンシップにチャレンジして
なんだかヨーロッパのトップジャッジたちから
スパイクの将来性の凄さを伝えたい!っとか話されちゃって
日本のトップジャッジの先生からもサイコーって評価を頂いて

そうー、何が何だか実感のないまま
ベイビースパイク(1歳)をアメリカへ連れていったと思う。
(今は管理人が何を言いたいのかわかるはず!)


ドッグショーの成績とか賞暦とかアワードって
多くの人から賞賛を得るためなんじゃなく
俺俺とか、私私って世界だけじゃないと思う。

今から15-20年前に比べて
現在の日本のバセットの寿命は
確実に短くなってる。

11歳、12歳、14歳まで頑張れるバセットが普通だったのに
今は8歳、9歳くらいになってると思う。
若年齢でのリンパ腫発症(すごい勢いで増加中)
肥満細胞腫の増加。
血が濃すぎると個体の生命力は落ちていくといわれている。
生殖能力も。
(同型対立遺伝子の増加=ホモ接合体が関係してる)。

健全性を求めたいピュアブリード犬のブリーディングには
正しい繁殖知識、遺伝etcの知識はもちろん
犬の5代祖の血統・遺伝情報を正確に知っている必要がある。


表現型、遺伝型の品質を確認する場としてのショーイングは、
オーナーとブリーダー、信頼できるハンドラーとの
コラボレーションなノリが全ての
小さい世界なんだけど
本犬、飼い主、繁殖者のバセットへの
ピュアな誇りが全てなのだと思う。
見返りはなし。

それでもってショーイングの過程で
オーナーさんが正しく勉強することが出来て
そして、将来、繁殖という難しいワークに興味を持ってもらえたならば
それがバセットハウンド犬種への貢献に繋がる....


管理人、スパイクをアメリカの超一流バセットハウンド
を手がけて50年みたいな、プロフェッショナルな一家の
次男のバセットキングにパピーエイジから相談してた

表現型として(品質)
本当にすぐに彼は速攻でアメチャンタイトルをゲット、
チャンピオンクラスにあがってからは
オールブリード、BISハンドラーの奥様、ナンシーと共に
まだ1歳なのにアメリカンリングで
全部BOB、獲得しちゃって超感激。
(マジで日本産初)

すごいよぉーん。


今、スパイクの帰宅スケジュールを
どうしようかってキングとやり取りしてる

キングのパパと妹はバセットのブリーダージャッジで
兄もバセットハンドラー&ジャッジのバセットスペシャリストファミリー

彼はスパイクの血統バランスを確認。
ブルセラもそーだけど、甲状腺とかetc
基本的な健全性をアメリカでチェック。

クリッシーの時も、スピリットの時も、ルーイの時も
他のアメリカンなバセットの話をしていたときも
キングはこんなことは話さなかった.....

米国人の本物、犬への評価に
ナイス、良くてグッドしかほとんど使わない

「スパイクはグレートなオス。彼がケネルから去るのは寂しいね。
でも、キミはきっと全部わかってるから説明する必要なんてないよね。
スパイクを引かせてくれて有難う。」

泣けるー。

このメールがどのくらい管理人にとって嬉しかったことか。


スパイク家(電話で話してるケド)や
管理人の友人の皆さんにこれを話したかったのよー


スパイク家どうもありがとう
みんなどうもありがとう
そして、
真面目な、信頼関係を作れる
情熱のあるバセットブリーダー希望者の方、大歓迎!(笑)
これからもみんなで仲良く、楽しく協力しあい
無理をしないでバセット頑張りたいと思う管理人です。

激白、終わり。




もうすぐ完成。
なかなかいい感じで気に入ってます♪

PB190223.jpg


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント