上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008テキサスナショナルのドッグクラスの外国から遠征したエントリーは
アルゼンチンのイッツソーフローピーバセットとスパイクの2バセット。
クラスファーストをゲットしたのが、アルゼンチンのバセット。

アルゼンチンのバセットブリード審査、バセットはこんな感じ!
管理人、ブラジルのバセットも好きですー

なんたって、ハンドラー&ブリーダー達の姿勢が熱い!
アメリカの底力もすごいけど、南米パワーもすごいです♪

アメリカのバセットでは、後ろ足を使える、綺麗なバランスの良い動き、
大きな動きが求められます。これは、ハウンドとしての四肢、骨格構造=健全性に
直結し、また、ハウンドとしての耐久力に繋がる重要な要素となるからです。

豪州、欧州では大きさ、スタイルが優先される傾向があり、
南米はその中間といったところかもしれません。



アルゼンチンのバセット、お楽しみ下さい!


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント