上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本当は何千といる、バセット達全部ご紹介したいわー。
日本で名前が上がっている米犬舎名は、ほんの3パーセント程度。


お電話をいただくファンシャーの方の中に、バセットハウンドをオーナーハンドラーで頑張ってみたいという人たちが結構多くいるんだなって希望を感じる最近!

管理人、日本でバセットハウンド部会が成立したらいいな♪って思うのです。(各地で、JKCバセットハウンド単犬種クラブが5つできれば部会は成立し、日本でも全日ナショナル展が開催できます。)5人のバセットハウンドブリーダーさんがJKCでバセットハウンドの単犬種クラブを作れば、部会設立でっす!!

そうすれば、オールブリードショーで勝った負けただけではなく、オーナーハンドラー、ブリーダーハンドラーさん達が増え、外国みたいに、お弁当持って1日ゆっくりバセットハウンドだらけで楽しめるようなショーができるし、もっともっと気軽に参加できて楽しいっと思うわけです。良いクオリティのバセットがあっちにも♪こっちにも♪ あのバセット素敵っとか、これは良いとかね、いろんな血統ラインが出来上がって、外産タイトルバセット買わなくたって全然日本中なかなかイケてるっ!っというような状況くらいにこなれたい.....パセパ+バセットハウンドを愛するみんなが公式な知識を学んで理解してるぞって感じの雰囲気でしょうか。

島国根性丸出しのアジアでは無理~っと言う人が多いけど、ダックス部会では出来てるー。2-3のブリーダーだけじゃなく、普通の人たちが新しい犬を輸入して自身の血統を作り、各々外国のブリーダーさん達と仲良くコツコツ勉強しながら日本のバセットハウンドの歴史を作っていく...しったかぶりなペラペラしゃべくり倒してるパピーミルのような多犬種抱えてるビジネスブリーダーさんも部会参加でバセットって難しいんだなって意識変わるかもしれないし。いい感じじゃないです?海外だと50年前のバセットだって彼らの素晴らしさを忘れることなく、ずっと語り継がれながら学び続けているのだけど、日本ってどんなに凄い賞歴をゲットした子でも(全犬種ナンバー1をゲットしたバセットのボンバーとか)、敵だからどーでもいいとか、ショーを終わった犬なんてどーでもいいーーー的にスルーされてしまう現状は、人間性として未熟なテンション他ならず、すごく子供っぽくて、全く文化的じゃーなく、インスタントで軽すぎる感じがつまらなーーーーーい、面白くなーーーーい。交配カモーンな子犬売りたい商売人しかやる気にならんぞな、今の感じじゃね。

日本はずっとアメリカからの輸入犬でバセット作ってきましたデス。1950年代に英国から船でバセットハウンドを輸入した人がいるって聞きましたが、血統は半世紀前頃に根絶。近年輸入された一部ヨーロッパライン(血統背景はアメリカ犬上のラインブレッド)や管理人輸入のオーストラリアンライン(半分アメリカライン)がいますが、やはりアメリカのラインが使われています。とりあえず、とにかく、いろいろな国から、いろいろなバセットハウンドが日本に来てほしい!!そして、将来のバセット達のために日本各地のバセットハウンド単犬種ホビーブリーダーさん達がコツコツと異なる血統ラインを大切に真面目に作っていけたらいいのにっと思うのよー。

ではではスタート。
1895年 アメリカ バセットハウンドの審査風景
1895judgingpic.jpg

イーストラインと呼ばれているバセット達。
アメリカ BISS CH Strathalbyn Shoot To Kill, TD
BISS CH Strathalbyn Shoot To Kill, TD

アメリカ CH Cheers Secret Agent 
CH Cheers Secret Agent

アメリカ CH Lyn Mar Acres Fan Dancer (1967)

CH Lyn Mar Acres Fan Dancer (1967)

アメリカ CH Lyn Mars Clown
CH Lyn Mars Clown

アメリカ CH Strathalbyn War Lord
CH Strathalbyn War Lord

アメリカ CH Strathalbyn War Paint

CH Strathalbyn War Paint

アメリカ Strathalbyn Lugano1986
Strathalbyn Lugano1986

アメリカ AmCan CH Ran-Sus Fanny Farmer
AmCan CH Ran-Sus Fanny Farmer

アメリカ CH Tommys Cousin GeoOGlenhaven

CH Tommys Cousin GeoOGlenhaven

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント