上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ファンシャーの数名の方達から突撃お電話を頂きまして
よぉーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーく
すんごく深くブログを見て頂いてるんだなってお話の内容をお聞きして
思いましたよ、わたくし。有難うございますです。

あんまり更新ないですねーっと言われちゃいました。
15年くらいやっていると、ネタ切れしちゃう。(笑)

最初の頃は、バセットパーティー(けんちゃん主催)5名から始まった
オフ会ネタ、マグ山くんが生後2ヶ月だったので、毎日の成長やうちの
出来事なんかを掲載してた.....管理人も頑張った最後のバセパ
「101匹記念バセット仮装パーティー」あたりから掲載減ったかも。

懐かしいわー。あのころ、東北バセボン、関東&関西バセパ、中国九州
バセサミっと.....各地でオフ会賑わってましたよー。
管理人達、熊本サミットまで出張しちゃったし。(笑)

さて、たぶん今日か明後日にニュースパイク&アロマちゃんパピーズの
写真を掲載すると思うのですが、その前に....

管理人のお気に入り&これから導入していかなくっちゃと思うタイプの
アメリカのバセット達の写真を掲載してみよーかと思います。
昔のイギリスラインで構成されたバセット達が多いです。

@Copy right The offficial Book of the BH.@

ハンドラーのマイクストーン(2012全米ナショナルズBISS)
今の方が良いかも~。コンパクトだけど構成良い~。
exc11.jpg

バイユーカルのバセット。
長ーーーーーーくバセット犬舎やっていらっしゃいます。
管理人、個人的にシャロンさんのバセット好きですー。
シアトル全米ナショナル審査員セミナーで管理人彼女のバセット
ピックしましたデス。
exc16.jpg

現在、↓この犬がいたら絶対に導入しちゃう!したい!
弱そうなリアは改善できるし、骨量ばっちり、堅いトップラインナイス!
肩すんごっく良い!

exc15.jpg


このバセットも完全なイーストラインのバセット。古いイギリス系。
長さのある大腿骨ラブ♪ 腰は高いけど、全然OK.次世代に希望を持てる
タイプです。 
exc14.jpg

うちのラッキーちゃん実家と仲良しのサンチュバセット。
またまたマイクストーン。長さのある大腿骨ラブな管理人
ネックサイズも長く、好きなタイプ!
exc12.jpg

最後はフォートメリル・リップスティック。
ネック綺麗~。キングも若いー。(笑)
exc13.jpg


来年イギリスからうちに来るMrs.ロビンソンちゃんのパパENG.CH.ジェームス...
実は生まれた時から管理人好きだったのでっす。上記のような古いイギリス系
アメリカラインと現在の重いイギリスラインの間でバランス変えて、
ネックサイズは長く、トップラインは堅くまっすぐ、長い大腿骨で動ける!
そんなタイプ間を、柔軟に、動く血統を持って飛び続けるのが管理人の夢なのです~

骨格の構成は基本。スケルトンで構成を考えれば失敗は少ない。
パピー時にクオリティチェック、ショーポテンシャルかどうか
評価するとき、気質、頭部形状や前足パッドの握り、耳の付位置や長さ、
テールポジションなど見ますけれど、一番重要なのは、前後の肩、後部の
アンギュレーション角度のバランス、位置、肋骨の形状+長さなど....です。
robinchan.jpg



生後5週のジェームス。
mal12.jpg

生後3ヶ月のジェームス。
mal13.jpg

大人になってイギリスチャンピオンになったジェームス。
james1212.jpg

そして、重鎮で高名なスタッド達を横に
ザ・バセットハウンドクラブのチャンピオンシップショーで
ベストインショーを獲得しました!

jamesbis.jpg


向かって右が、Mrs.ロビンソンちゃん実家の犬。
実家は英国のザ・バセットハウンドクラブの副会長さん
彼女の娘さんが引いています。↓
ma11.jpg

重いーーーーけど、これが英国タイプ。
mal14.jpg

↓ロビンソンちゃん実家が、アメリカのアンブリカン&フォートメリルの
犬とブリーディングしたバセット。ネックサイズがプラスされてリアサイズ
が改善しているのがわかりますでしょうか。
mal15.jpg


最後に.....ブロックサイド アイアムア JJ Too!
前出のフォートメリルリップスティックと↓の間の子が
フォートメリル・メンインブラック。息子のリフラフはラッキーちゃん実家
作出犬のヨーヨーマの異父兄弟です。

サマセットやてんてんの父側リフラフは、この犬とリップスティックの上で4/4血統
を持っています。サマセットのフロント肘から下とボディ、骨量は彼から来たもの。
血統を考慮してブリーディングプログラムを組む...(遺伝情報プラス)
これらを熟知していない犬舎からニュードッグを導入するのも、輸出するのも
難しく、結局は考え方が似ている人とご縁を頂くことになっているのかもしれませんー

BROOKSIDESIAMAJJTOO.jpg

なぜ↑この犬だったのだろうか。血統はこちら。
jjpedigree.jpg




スパイク&アロマちゃんパピー、離乳食順調。
クオリティチェックの日がすんごく楽しみな管理人でっす♪
amiclydes@aol.com
にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント