上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リザーブしたイギリスガールの血統書名、
ミセス・ロビンソンちゃん。
いかにもイギリスって感じー♪♪

545847_10151190289908620_471375389_n.jpg


北アイルランドからお帰りになって、詳細をお聞きしてみました。
イギリスって犬が高いって聞いていたし、凍結精子もロビンソンちゃん
の犬舎じゃないけれど、祖父犬舎はアメリカのあのバンパーカーより
ずっとお高かったわよんって購入した北欧のお友達から聞いていたので

パピーなんてもしや、凄かったらどんだけーってちょっと心配だったのよん。
リザーブしちゃったので聞かなきゃどーしようもないしなっと恐れつつズバリ
お聞きしてみたところ、極ふつーなご提示でございました。(ホッ)
問題はそこから諸費用がトリプルに必要になるわけだから、パピープライスが
すんごかったら、輸入するのは無理なので辞退するつもりでしたデス。

日本へ入国できるのは今から半年後... それまでボーディングを頼んで
(有料)、基礎トレーニングを頼んで(無料)、日本への入国条件通りの
ワクチネーションを頼んで...証明書等も全部頼んで...
半年は結構長いので兄コムみたいなイギリス版保険お薦めされたので素直に加入。
オーストラリアと同じように、輸出手配サービス会社があって、輸出に関する
事はそちらに依頼することに。

ロビンソンちゃんのコールネームどうする?って聞かれましたが
せっかくだから決めて下さいますか?って頼んでみました。
日本に向けてヒュースロー空港から飛んでこられるのは、マイクロ
チップを入れてから半年後なので、すでに入っていれば来年3月もしくは
来年4月....まだまだ、先の話なんだわねー

父 BIS.Eng.CH ジェームス 管理人、彼の肩が欲しかったのでっすー
james.jpg

祖父 BIS.Eng.Ch マーカスはイギリス史上ナンバー1スタッドドッグ記録保持犬。
2006年クラフツBOBで、2005, 2006, 2007イギリスナンバー1バセット。
ジェームスの肩は祖父譲り♪ Like father, like son!!
dereheath_marcusaurelius.jpg

ロビンソンちゃんの肩はどう?どう?どう?って何度も聞いてから決めたので
肩は良いだろうと思われ...イギリスのジャッジィングってよくわかんないけど
トップラインから緩やかに腰が高い...ってとこ妙にOKなので、見慣れてる
アメリカやFCIスタンダード的な華やかさは、管理人ロビンソンちゃんには
全く期待してないのだよん。骨量と良い肩、遺伝子プール。あと性格が凄く
良いって評判を聞いていて、胃捻転や胃拡張が少ないラインらしいので
それも魅力だよん。

9歳5ヶ月時の隅角鏡検査で緑内障はフリー認定♪これは嬉しい。父のジェームスも
スクリーニングテスト結果は同様。母のバブルスちゃんの目も7才半の時点で緑内障
フリー。

命あるバセットハウンドなので、ここに来るまで、そして来てからも何が起こるか
なんてわからないから、運命に身を任せ....来年は成犬の異なるブラッドラインの
男の子もしくは、7世代前あたりでリンクするラインブリード犬の輸入を考えない
と...健全性、健全性、健全性.... 身が 心が持たんー。(笑)

@おまけ@
オランダの獣医師、今年もアメリカナショナルズに参戦。去年もナショナルウィナー
ビッチ(5ポイントメジャー獲得)、今年のポトマックバセットスペシャリティで
ベストオブウィナー(5ポイントメジャー)、昨日のナショナルビッチクラスで
ウィナービッチ(5ポイントメジャー)、アメリカ渡米わずか3回でアメリカCHを
完成しちゃってた。アメリカのスプラッシュ・ザ・プロフェッサー娘。
彼女の父の後ろには、ダブルでディアヒルズグレートギャッツビーがいるんだよねー

296692_305127416168805_1378789699_n.jpg


牡だったらアニャちゃんにお願いしたい...かも!
同胎の男の子も素敵。

474452_406394889372232_1035922167_o.jpg


管理人のバセット探訪、先が長すぎ!
にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント