上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エリGパピーズが生まれて今日で9日。この9日間は長かったです。

昨日の山中湖のクラブ展。
サマセット  ブリード1頭1席 グループ2頭1席 G1
アニャちゃん ブリード2頭1席 グループ2頭1席 G1

さて、エリオットとGちゃんのパピーが生まれた後、なんだかよくわからないけれど、諸外国からものすごい数のメールを受け取り続けているんですよね...特に、アジア諸国からすんごい多い....。

たぶん理由は、アメリカの桁違いなトップケネルと管理人が同じ血統を持っていること、そして、その犬舎(←本の著者)がエリオットの父を輸入、同ラインのブリーディングに取り組み始めたからだろうと思います。

管理人としては、最初に師事したギャッツビーを作出したサイヤー共同ブリーダーの最後のバセット・チェイサー、そして、管理人を信用して10年以上かけて3頭のバセット(スピリット、ソニー、エリオット)を託してくれた豪州ケネル、そして、バンパーカーズの娘ラッキーを託してくれたアメリカ超トップケネル...アメリカのバセット神の域的存在のフォートメリル(2頭は林さん輸入、1頭は管理人輸入)、ギャッツビーダムケネル、繁殖しなかったけどチェイサーサイヤーケネルからバジル...

本当に沢山のブリーダーさんの好意によって管理人長い間勉強できたわけで、特にアメリカ超トップケネルのドクターは、学術本「ドッグブリーディングの基本」のライセンスまで下さって応援してくれたわけなんですよね...そんな中、彼らが望んでいないのに、彼らのブラッドラインが形を変えてビジネスとして出回るかもしれないような、おかしな騒ぎとか、バセットハウンド達を託して下さった先輩達に迷惑がかかるようなことは決して管理人は致しませんデス....。それにしても、公にしていないメルアドにまでパピーオファーメールが入ってくるなんて驚き。しかも、「あなたが私にパピーを送れば、あなたの犬舎名が外国で有名になるよ。」とか書いてあって、マジ怖いわー。

そういうわけで、オーナー様募集はしないのでエリGパピーズ情報は↓以降、掲載しないことにしました。楽しみにして下さっていた皆さんどうぞご理解下さいませ。


I have received a mail offer huge numbers of puppies from all over the world right now. In particular, from an Asian countries. Sorry, I would not write a reply. I'm not ignoring you guys. But, I love the trust and respect of the real. Thanks for the many suggestions. But......... I'm not curious about my kennel name that would become famous with other countries. Please understand that I would NOT SALE a puppies to people who do not know. Ami N

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント