上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毎日、ほんっとに猛暑すぎ!

ミュラー管遺残症候群.....
40年以上、この疾患はアメリカのバセットには発現していない。
インターネットのおかげで世界のバセットが入手しやすくなって
近年、世界中で血統混合が進んでいる状況の中、はたして今後どのように
多くの疾患が遺伝により、世界中に広がっていくのか、注視したいです。

ミュラー管遺残症候群、エコー検査によりオスの体内に残存している
子宮等を見つけて除去すれば、生命に影響するような重篤な疾患では
ないそーですが、疾患名がわからないまま、見落とすと
非常に重篤な尿感染症で命を落とすかもしれない....ことがあるそう。
いざというときのために覚えておこうと思います。

Gちゃん、今のところ何事もなく順調。
日当たりの良さはぴか一な我が家、午前9時にはエアコン、夕方7時頃
まで、バセット部屋は涼しい~。

エリGパピーズ、マホガニーレッドかレッドホワイトのパピー達が生まれて
来てくれるだろうと予測してますデス。管理人、バセットのカラーには
全く興味がないので本当はどーでも良いのですが、バセットのマホガニー
カラーを日本で最初に登録したのはソニー&小春ちゃんパピーズの時だった
ことをここにメモメモしておきます。

さて、管理人ただいま猛省中です。

犬を仕事にしてない趣味人だから~とか、バセパ第一期メンバーだから~とか
みんなで仲良く~とか、関わってきたブリーダーケネルが超メジャーなケネルだけ
だったから~とか、曖昧な位置付けを好んで今までやってきたわけですが、
管理人、今日を持ちまして

バセットハウンド・本物スペシャリスト宣言を致します。

この犬種の犬種標準、バセットハウンドのブリーダーとして必要な知識や教育制度、世界のバセットの血統情報知識、血統による作出犬の予測、遺伝的傾向、健康問題など、管理人、本格的なスキルを持っています。

今後は自身のブリーディング活動のみならず、将来のバセットハウンドのために、将来性のある世界のトップブリーダーと渡り合えるバセットハウンド・スペシャリストの育成に努めていく所存でございます。今後ともどうぞよろしくお願い致しまーす。


オリンピック開催中ということで、素晴らしい馬場馬術馬(ドレッサージュホース)
をご紹介してみます。約12億円でニューライダーと新しいチームを組んでいる最中
ですが、これは譲られる前の競技会の映像です。

類を見ない、超エレガントなムーブメントは、震えるほど素晴らしいです。
特に前肢の動き.....ハミ受けを殆ど感じず、乗り手のこぶしの中に入っている感覚が
見ている人まで伝わってくる、もの凄いオーラ。

いつか、こういうバセットに会いたい!







にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント