上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フランスのパリで開催されているワールドショー。

フランスチャンピオンシップショー併催。

フランスチャンピオンシップショーのブリードジャッジは、
ポルトガルのドシィモヒンホスケネルのホセ・ホンデメロ氏。
ここ数年間のワールドショーBOBケネル。出陳頭数110頭。

マルタ共和国のダーネトリー・ブルーセンセーションがBOB。
スエーデサン(スエーデン)とスイザーランド(英国)血統。
frch11111.jpg

えーーーーーーーー?っと思ったけど、リアは蹴れるバセット。

で、ワールドショー2011(出陳頭頭数148頭)

目録はこちらに載っています。
ベスト・オブ・ブリード

レッドロビンズ・ドシィモヒンホスがゲット。
01_group_06.jpg

ワールド・ウィナー(オス)ジュニワールドウィナー
2頭共オランダの獣医師がゲット。

ダーウイン・ドリーム・ブイ・グランスベン(下記ビデオのバセット)
アイスクリーム・ブイ・グランスベン

アメリカのスプラッシュ ザプロフェッサーの息子と娘なので
このバセットは、ディアヒルズ グレートギャッッビーをダブルで祖父に持っています。
プロフェッサーによく似てますねー

ヨーロッパは重い犬が主流だったので、この方、毎回↓みたいなタイプは
バセットじゃないの?っとニュースタンダード改正について疑問をみなさんに
投げかけていました。



ワールドウィナー(メス)は、スペインのエデュレ・ワイルドダマー。

去年の4月に生まれたアニャちゃんより若い雌がゲット。1人っこで生まれた女の子で、
父はオリバー・・ドシィモヒンホス。このケネルの初めての繁殖犬です。

カムアンドゲット・ドシィモヒンホス子孫、まだまだ欧州制覇中。
ポルトガル・スペイン強いー。

↓カムアンドゲット・ドシィモヒンホスのリアムーブメント(アンギュレーション)は
スパイクのリアをもっともっと柔らかく滑らかに丸くグルングルン回転する感じ。
こういうタイプのリアムーブメントを持つバセットはアメリカには今いない気がします。


シールズさん(ご主人)は、アニャちゃんが好き。
エクスカリバー(テリホー)タイプだからかなー。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント