上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年全米ナショナル展を制したバセット達のお立ち台動画。

バセットハウンドの正しいスタッキングの勉強になりますー。
最初のバセットがBISS
AMCH. トップスフィールド ポップアート オーブライディ

ブリーダー&オーナーは、「ドッグブリーディングの基本」の著者、
我が家のラッキー実家のブリーダーのクラウディア・オーランディ医学博士、
63才!! 向かって左から、ジャッジのグエン、ハンドラーのスー、クラウディア、
そして、プレジデントのランディ。

一番若い(スタッキングに手間取ってるバセットBOS/BW。)子で2歳、
3歳、4歳、5歳、6歳......そして9歳。プロハンが2人、専属ハンドラー1人、
他はみんなブリーダーさん。



コンフォメーション インターセックス ファイナル

↑最終ピッキングで↑犬達が選ばれていく様子です。
2009年アメリカトップバセットハウンド達!

会場を埋め尽くしてる人たちは、趣味で活動しているブリーダーや
オーナーハンドラーさん。驚くことに50年間バセットのブリーディング、
ショーイングやってるっという方が結構いらっしゃいますー。半世紀ですよ.....
プロハンドラーは5人来てました。

手ぶれで気持ち悪くなったらごめんなさいですー。



今年のユカヌバカップでBOSをゲットしたブリーダー/ハンドラー、
ボグーのヘザーさん(カリフォルニア)、なんとナショナル開催前の
週、新型インフルエンザに罹患、病院で逝去されたとお聞きしました。
バセットハウンドのブリーダー/ハンドラーとして積極的に活動されていた彼女、
37歳でした...新型怖いー

オーストラリア軍団の話では、オーストラリアは昨年すでに4歳以下の子供を
除く全国民の新型インフルエンザのワクチネーションは終わってると...余裕でした。.
日本おそーい。

で、今週末オーストラリアでもナショナルズが開催されます。アメリカで
豪州ナショナルズトレーナーもらっちゃったですー。ラッキー!

ショーは、金土日と3ディズショーでセット。
ジャッジは、3日間ともブリーダージャッジ。

2日間のオールブリードショーは、
アメリカからキャッスルヒルケネルのシャロン・ジムダックご夫妻。
(あいこちゃん、酔っ払って踊りながらエイミーはどこ~?って追っかけられたり、
パーティでハグハグされたおじさんだよ...)

ナショナルズのジャッジは、スエーデンからスエーデサンケネルのポーラさん。
さてオーストラリアンナショナルズを制するのは.....??
結果待ちですー。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント