上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いきなり、コンフォメーション ベストオブブリード選。

↓アメリカで出版されてるハウンドグループマガジン、
サイト&セントという雑誌の9月号表紙、
上のレッド&ホワイトのバセットが2009ナショナルズを制したBISSアーティ!
下のバセットは全犬種BISウィナー、2009全米ナンバー2バセット
同じケネルのティミーこと、トップスフィールド アメリカンエキスプレス。 

arty.jpg

ショーカタログで数えてみたら、
チャンピオンクラス+ベストオブウィナーズの1バセットの合計出陳数
全部で100バセット位もいなくて、例年の1/3くらい?全部で61バセットでした。

初日のスペシャリティ、
オーストラリアのブリーダージャッジ マーガレット・ウェーバー(全米ナショナルズ27年目!)
のBISSは、↓ショータイム ショックアンドアウェイ。
(ナショナルBOB選のエントリー数とほぼ一緒)

最終まで上がってくるバセット達は、各バセットなりに他のバセットとは違う
目立つオーラを発してます。いろいろなタイプの中のベストっという感じでしょうか。
どのバセットも甲乙付け難い、素敵な魅力を持っていました。

BISSバセットの最終ラウンドの様子です。
bestofbreed4.jpg

左:BISS トップスフィールド ポップアート オーブライディ &スー 
右:AOM スプラッシュ ザ プロフェッサー&ビル・ノーラン
bestofbreed1.jpg


左:AOM バイユーカルス ブレイブハート もうすぐ9歳!&シャロン
中:AOM ショータイム ショックアンドアウェイ &サンリーン
右:AOM クラシック リヴァ &クラウディア・レーン(元ボジャングルス)
bestofbreed2.jpg

ぜんぜんナイスショットじゃなくてごめんなさいー。
BHCAナショナルズサイトにグッドな写真が掲載されてますー。

左:ベストジュニアハンドラー サラ・ブルーム 
中:AOM フレボローズ ブリースオブスプリング(カナディアンバセット) 
右:AOM ブロッサムヒルズ マンマミーア &マイク・ストーン 
bestofbreed3.jpg


審査中のスプラッシュ ザ・プロフェッサー
(ただいま全米ナンバー1バセット。リーディング中)
bestofbreed5.jpg



プロフェッサーで思い出しました。昨日、HIRO’Sシーズン3の5を
見てる最中、ついソファでうたた寝。夢心地の中、なにやら外で大きな声がして
誰かが騒がしく、ギャーコラ話してる声が聞こえて。半分頭寝ながら、きっとご近所の家に
おしゃべりなお客様がいらしてるんだなーって思いながら、また寝ちゃったわけなんですが.......

バセブリ友のじゅうべい家(ヒナタマムバセット)
彼ら管理人家から車で10分くらいのとこに住んでマス。

インターフォン押したけど出なかったのよー、
せっかく来たから、管理人家のガレージ抜けて敷地をテクテク散策
奥のバセット部屋&庭のランに放たれてたバセット達と話しちゃったー。
フレンドリーでぜんぜん吼えなかったわよぉー。
で、テラスから部屋を覗いてみたんだけど、
誰も気がついてくれなかったから帰っちゃったーっと電話。
ピンポン反応なしの時点で普通は帰るっ。(笑)

ブラインドオープンにして
うかうか寝てたりしちゃダメなんだと思い知った昨日だったのだ。(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント