上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
続きですー。

そんなわけで、センセイバセットは、10頭のバセットを輸入し、
ミリーで3回、ニックとダッシュで1回、クララで3回ブリーディング。


当時、何十年と完全な馬キチだった管理人、
ブッチを譲り受けたはいいけど、わけわからないままドッグショーへエントリー、
ハンドリィングなんて全く知らないのにブッチと一緒にリング歩いてみたり?(笑)

1998年、マックさんは日本で20年を過ごされた後、アメリカに土地を購入
お戻りになることを決意され何頭かのバセットを連れて1999年帰国。

なぜかものすっごくショック感じて
真剣に頑張ってみよう!って気持ちになりクララの姉妹、
メリーアンを譲り受けました。

MARY1.gif

mt.gif

maryanne.jpg

マイ・ラブリー・メリーアン。
管理人のメリーアンと岡山のブリーダーさんが輸入されたアメリカンチャンピオン 
ウッドヘブンズジョッシュビーゴッシュは、ブラックバート3/4のラインブリーディング係数を
持つことになるので、バーツの各遺伝子がパピーに複製される可能性は4.7パーセントでした。

2001年4月7日、メリーアンはパピー9頭を産みました。
(排卵数は母犬の遺伝子から、性別は父犬の遺伝子によって決まります。)
top.jpg

sannin.gif

みなさん、今より若い写真だから顔出し許してねー
来年で早くも8歳を迎えますがみんな幸せに暮らしています。

オーナーご家族、オール穏やかな良いバセットラバー。
長きにわたって仲良くして頂いている良き理解者の皆さんです。
もっともっと勉強頑張りますので、
これからもどうぞ宜しくお願いしますです.....

いちご家。
ichigo.jpg

バロン家(エディもいます♪)
stho.jpg
br.jpg


オナハンの★パンチョ家(ジャイアンもいます♪)
チャンピオン完成しました。
panch.jpg

バセットの大先輩、ミッキー家
1980年代、何頭もバセットをアメリカから輸入。
kk.jpg

バーディー家
mukasa.jpg

ほっくん家
nobu.jpg

ゆみさん
nobu4.jpg

管理人の会社のキャドガール家のロビン

そして、ベイビーレジー&お世話になった亡き菅原公夫先生
reggie.jpg

ネックスト、
森さん、林さんのバセットですー
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント