上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
早いもので、2008年もとうとう師走ですー。
管理人、忙しすぎ&体調を崩しまして、昨日のショー、
Gちゃん含めお休みしました。

無事、スパイクはシカゴから帰国し、いつものペースで
生活している様子。昨日のショー、スパイクの姉妹の
サブちゃん、グループ抜けてMCC3枚目、
ベイビー・アファン、無事にデビュー、エクセレントグループ
パピートップ8♪ あいこちゃん、まきこちゃん、母おめでとう。

スパイク連れてアファンとサブちゃんの応援に出かけた
スパイク家に写真をリクエスト、
送っていただいたのでアップしてみますー。

帰国2日目のスパイク。
ロングフライトの影響もなさそうで安心しました。
ac1.jpg

スパイクとアファン。
サイズはあまり変わらないように見えますが
生後8ヶ月のアファンと、生後1歳9ヶ月のスパイクを並べると
体の成熟度に大きな違いがあります。

アファンのボディは、横に伸びたり、縦に伸びたりっと
未だ不安定(成長中だから当たり前なんですケドね)。
体高が高く、手足が長く見えるのは、まだボディ幅の成長が
手足の成長に追いついていないからです。
しかし、数ヵ月後には良いバランスを取り戻すはず。
(スパイクの顔はソニー系、アファンは完全にヴィヴィですねー)


cc432.jpg

スパイク姉妹のサブリナ。
顔、似ていますー。
ac6.jpg

サブリナ、歩様。
ac98.jpg

テンパラメント(気質)、キャラクターは
スピちゃん姪、ダイナマイトな弾力ある動き、表情、テンション、似てる。
あと1枚。
ac4.jpg

アファン坊や。
先月中旬よりも長さが出た分、細く見えますー
斜め前から撮影された写真なので、リアもほそぉーく見えてる。
が、彼の肩の位置はよくレイドバックしていてネックもサイズがある。

ホックが短いと走行は安定し疲れ難いっと言われていますが、
長さのあるホックであっても、
適切なリアアンギュレーションを持っている場合には、
安定性の高い大きな動きが可能だと言われています。
最終的にアファンのリアがどう発達するのか、
非常に興味深いです。

ac7.jpg

bsb.jpg


リアの蹴りはGちゃん同様、真直ぐ。
バックラインが少し盛り上がって見えるけれども
これはある程度強い背中、腰部を持つ犬のパピー時代の特徴でしょうか。
アファンの最大の長所は、リーチ&ドライブ。
現在のアメリカンバセットでは主流スタイル。
ac8.jpg



マニアックに
表現型(見た目)でない、彼等の遺伝型についてちょこっと触れてみますー。

スパイクもアファンもインブリードなペディグリーではないので、彼等の子孫は、組み合せ次第でどういうバランスへでも飛べる可能性があります。それはニーニもハニーも同じで、彼等は我々が何年もかけて開放的なペディグリーを目指した計画の第一歩。

彼等の遺伝型を知ることで、一貫した計画性のない、同じ型の集合体ではない祖先を持つインブリードペディグリー犬へ彼等が混ぜ合わされるならば(アウトブリーディングの組み合せであっても)、スパイクやアファンの特徴が表立って子孫へと引き渡される可能性は低く、特にアウトブリーディングすることによって、生まれてくる子犬達は相手方の持っている(例えば、短いネック、ストレートな肩、カウホック、遺伝疾患など)望まない形質を受け継いでしまうリスクの方が高いと予測できます。


今日は大阪インター。
CHオス1、CHメス1
そしてハニー。
エントリー3バセットですー(少ない!)
ハニー、ファイト♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

サブリナちゃん&アファン君おめでとうございます!!

サブリナちゃんMCC3枚目ゲットおめでとうございますv-315
そして、アファン君!デビュー戦エクセレントトップ8おめでとうございますv-315v-315
アファン君はデビュー戦とは思えないほど、落ち着いてスタッキングしていましたね~e-278
すごい!!
スパイクは帰国3日目でちょっと疲れが出てきたかな?たくさん食べて、たくさん遊んで爆睡していますe-261
皆様、アメリカでの応援本当にありがとうございましたe-466e-266