上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毎日、ほんっとに猛暑すぎ!

ミュラー管遺残症候群.....
40年以上、この疾患はアメリカのバセットには発現していない。
インターネットのおかげで世界のバセットが入手しやすくなって
近年、世界中で血統混合が進んでいる状況の中、はたして今後どのように
多くの疾患が遺伝により、世界中に広がっていくのか、注視したいです。

ミュラー管遺残症候群、エコー検査によりオスの体内に残存している
子宮等を見つけて除去すれば、生命に影響するような重篤な疾患では
ないそーですが、疾患名がわからないまま、見落とすと
非常に重篤な尿感染症で命を落とすかもしれない....ことがあるそう。
いざというときのために覚えておこうと思います。

Gちゃん、今のところ何事もなく順調。
日当たりの良さはぴか一な我が家、午前9時にはエアコン、夕方7時頃
まで、バセット部屋は涼しい~。

エリGパピーズ、マホガニーレッドかレッドホワイトのパピー達が生まれて
来てくれるだろうと予測してますデス。管理人、バセットのカラーには
全く興味がないので本当はどーでも良いのですが、バセットのマホガニー
カラーを日本で最初に登録したのはソニー&小春ちゃんパピーズの時だった
ことをここにメモメモしておきます。

さて、管理人ただいま猛省中です。

犬を仕事にしてない趣味人だから~とか、バセパ第一期メンバーだから~とか
みんなで仲良く~とか、関わってきたブリーダーケネルが超メジャーなケネルだけ
だったから~とか、曖昧な位置付けを好んで今までやってきたわけですが、
管理人、今日を持ちまして

バセットハウンド・本物スペシャリスト宣言を致します。

この犬種の犬種標準、バセットハウンドのブリーダーとして必要な知識や教育制度、世界のバセットの血統情報知識、血統による作出犬の予測、遺伝的傾向、健康問題など、管理人、本格的なスキルを持っています。

今後は自身のブリーディング活動のみならず、将来のバセットハウンドのために、将来性のある世界のトップブリーダーと渡り合えるバセットハウンド・スペシャリストの育成に努めていく所存でございます。今後ともどうぞよろしくお願い致しまーす。


オリンピック開催中ということで、素晴らしい馬場馬術馬(ドレッサージュホース)
をご紹介してみます。約12億円でニューライダーと新しいチームを組んでいる最中
ですが、これは譲られる前の競技会の映像です。

類を見ない、超エレガントなムーブメントは、震えるほど素晴らしいです。
特に前肢の動き.....ハミ受けを殆ど感じず、乗り手のこぶしの中に入っている感覚が
見ている人まで伝わってくる、もの凄いオーラ。

いつか、こういうバセットに会いたい!







にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
先週末、涼しくて過ごしやすくて快適だった.....のに
今日は風はないし、湿度は物凄かったー。

さて、
英国のバスバーケネル(40年位バセットハウンドのブリーディングを続けている
ホビーブリーダーさん。)が興味深いトピックをあげていたので、ここにメモメモ。

バスバーケネルのビルさんによると
先週の金曜日に若いオスのバセットにエコー検査を受けたところ、
ミュラー管遺残症候群発症の診断が下った。っと発表。

ミュラー管遺残症候群とは、外性器は男性型を示すが、胎生期にミーラー管の
発育が抑制されないため、停留精巣・卵管・子宮・膣上部を有するものである。


この病気、数十年前から存在が確認されていたそうで、遺伝性疾患
常染色体劣性遺伝の形式で引き継がれることがわかっている。オスだけが発症
メスはキャリア、または『倍の保菌者』(ホモ接合性の『影響を受ける』)になり得る...

緑内障の根絶を助ける隅角鏡検査法同様、構造上(目で確認できる)の
振るい分け検査として、オス犬へのエコー検査がある。現段階ではエコー
検査によって見つけること以外に特定できる検査方法はない。

劣性で引き継がれる緑内障のような病気の根絶を目指して、DNA鑑定を確立する
ために国際協力は重要であり、我々が努力していなければならないのは事実である。
全ての国のバセットハウンド犬種クラブ、ブリーダー達の協力で!

......っというような内容だったわけなのですが

実はオランダのバセットハウンドクラブは、20年以上前からこのミュラー管遺残症
候群に取り組んでいて、この疾患のコーディネーターブリーダー(担当者)もいる位
メジャーな疾患としてオランダでは知られているそうです。オランダのすべての
スタッドドッグは長年ミュラー管遺残症候群上でテストされ、データベースもすでに
構築している....

構造上問題がない場合にのみ、繁殖プログラムのために交配に使うことができる。
この疾患を発症したオス、あるいはキャリアーとわかった多くのオス犬達の血清は
オランダからフランスのユトレヒト大学に送られて保管されており、オランダで
多発したので、この疾患はオランダ病と言う人もいる位発症したバセットが多かった
そうです。

 20数年前、英国のバセットハウンドクラブでもこの疾患について議論がなされた
そうなのですが、当時、英国ではドイツのバセットハウンド達がこの疾患を運んでいる
のではないかっと疑問符を抱えたまま、この疾患に関する議論は、主題から次第に
消えてしまった....

 個人的に英国から最初に輸入した犬から始まったことを確信している....という
オランダのブリーダーさんがいらして、最初に発現したバセットを持った時、これは
突然変異の一種、または、偶発的ケースかもしれない...と考えたけれども、後に
同胎兄弟2頭がこの疾患を発症したので、常染色体劣性遺伝の形式の遺伝疾患である
ことを知ったと....

 アメリカのバセットハウンドクラブはこの遺伝疾患がバセットに起こっていることを
ほとんど公式には掴んでいなかったそうです...この疾患は、長い年月発現しないまま
水面下で潜行可能な疾患ではないらしく、このことから、アメリカのバセット達には
この疾患を発症したバセットがほとんどいなかったということを意味する...
のかもしれないと。

しかし、もちろん、バセットハウンド犬種の原産国は英国で、フランスのバセット
と混合された後、アメリカへ渡って行き、有名なマーガレット・ウォールトンさんが
何頭ものバセットハウンドを英国からアメリカへ輸入し、以降、たくさんの英国ライン
のバセットがアメリカへ渡っていった......にもかかわらず、なぜ
アメリカのバセットにはこの疾患が発現しなかったのか.... 

とっても興味深い話なのだ~

(続)

にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村
ビックニュース!
クライズデール・バセ団、2年半ぶりに....

パピーズが生まれる事になりました♪

お父さんは、インターCH.アメリカンCH.エリオット
2010 ペディグリーアワード受賞犬
2010 FCI 長野インター& FCI 東京インター R.キング
2011 FCI 中部インター キング入賞

お母さんは、JKC.CH.Gちゃん
2009 ペディグリーアワード受賞犬 
シュープリームドッグ・Multi.BIS受賞犬のINT.CH アファンと同胎兄妹。
Gちゃんの1回目のブリーディングで生まれたアロマちゃんとアニャちゃん
チャンピオンフィニッシュ、アニャちゃん2011ペディグリーアワード受賞
2012 FCI北関東インターR.クィーン、2012現役トップバセットで頑張ってマス。

来月中旬あたりが出産予定日!
今日のエコー(2cm位)で4頭はたぶん見えたので
アニャちゃん達と同じ位の出産頭数になりそうです。

管理人にとって2年半ぶりのパピーズ!
WHOOOOOO HOOOOOOO

楽しみです♪♪

にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村
今日、バブ家のComiちゃんから届いたうちの子達です!

幸せ♪♪

IMG_1147_20120707151430.jpg

IMG_1144.jpg


IMG_1153.jpg

IMG_1154.jpg

IMG_1155.jpg

IMG_1156.jpg

IMG_1164.jpg

IMG_1165.jpg
アニャちゃん、身が軽くなって山形へ~って前回書きましたが
昨日、2日間のリザーブ・クィーンになった写真が届いて拝見しましたところ、
偽妊娠バリバリで、身軽じゃーなくて、超おデブちゃん~。(笑)

お友達ハンドラーさんによると、全然肉が落ちないーって話らしく
偽妊娠中は体に貯留中の水分が抜けないので、しかたがないのだけど
あと絶対3キロは..... 戻るまでショー出れん。かも~(笑)
女の子は年2回シーズンがあるので、男の子より合計4ヶ月程度は
コンディション落ちる期間があって調整が結構大変....


アニャパパ、Int.Ch. Hinata Ma'am Jp's Jube
2006 ぺディグリーアワード受賞 キング入賞、リザーブ入賞多数
jyuubei.jpg


管理人が年を取っただけ。っと言われればそれまでだけど、
最近、仕事場の超先輩とか、リタイヤして再就職をしている超大人の先輩とか
65歳あたりからそれ以降の年齢層の成熟期の人達の感性にすごく魅力を感じるんだよねぇ。


日本人は

"他人のことを思いやり、‍相手の気持ちに立って考える謙虚さを大事にしてた"、

道徳感

譲歩の美徳

礼儀正しさ

謙虚さ

思いやりの気持ち

恥ずかしいことをしないという考え


上記に基づき、毅然と信念を貫く清さ。
武士は食わねど高楊枝....的なスピリット。
Cool!

バセットハウンド犬種の追及とか、ドッグショーチャレンジやジャッジィング
スポーツマンシップに乗っ取った、ワクワクするショーチャレンジでありたいと思う~

バブ
1677_1.jpg

アファン
1728_1.jpg

G
1681_1.jpg

ラムダ
1679_1.jpg

くるみちゃん
1731_1.jpg

ラムダ、生後50日位?トップライン綺麗~
1782_1.jpg

管理人父が緊急ペースメーカー手術を受けることになった時
ボビママ家にお邪魔したみんな。

この時のGちゃん(生後50日)の表情に
彼女の持って生まれた性格が見え隠れしてるー!
バブ一番大きかったねぇ~
1667_1.jpg

そんなバブがこみちゃん家の子になった日。
あ...違った....これはG!
1755_1.jpg