上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日曜日のショー。
てんてん、ブリード1頭1席、グループ3頭1席、G1。
3枚目のカード、MCCゲット。ラッキーでした♪

今からエリくん連れて成田行きまーす。
サマセット家と合流して、いざ!

エリくん、サマセット in アメリカの動画
お楽しみに~。

スポンサーサイト
行ってきました、千葉のショー。
てんてん、ブリード1頭1席、グループ2頭2席。残念!

佐野さん、アファン家母、まきちゃん
会えて楽しかったデス、ありがとう。

てんてん、超可愛かった

tenten13mos.jpg

頑張ったてんてんの動画アップですよ!




管理人
アメリカのイーストラインの難しさを
今日はガツンっと実感しましたよー

簡単にしゃべくり倒してみますデス。
大まかにアメリカのバセットには3つの血統ライン+タイプがあって
それぞれイーストライン、ミッドウェストライン、ウエストライン
と呼んでいます。

バセットは今から120年前くらい前に
フランスの重い系猟犬とイギリスの軽い系猟犬の
ブリーディングから始まり4-50年後にアメリカへ輸出され始め...

アメリカで本来のイギリス系のタイプ(血統)をキープしているライン、
リフラフ実家のフォートメリルは超貴重です。頭部、マズルは細めで
皮膚はだるだるしすぎず、そして、長さのあるネック、良い肩の角度で
美しいフロント.....

フランス系バセットを継承たしウエストラインは
サンタナ・マンデヴィル血統をファンデーション(基礎犬)に持ち
ショートバック(身体の長さが短く)で、頭部が大きくホックは短く
安定した動きができて皮膚は豊富....

ミッドウエストラインは上記2つの系統を混ぜ合わせたイメージ。

それぞれ長所、短所があって
イーストラインは比較的リアが貧弱かも...とか
ウエストラインは早くまとまるけどネックが短く前駆が重い...など。

世界中にウエストラインはあるけれど
イーストラインはほとんど消えてしまい、
私たちが現代で実的に取り入れることができるピュアなイーストラインは
フォートメリルラインだけかもしれないのデス。

林さんと佐野さんコンビネーションで作出した
てんてんはイーストライン血統7/8バランス

サマセットはイースト少し多めだけど
ほとんど1/2ミッドウエスト。

スパイク、アファン、Gちゃん、エリオットは
ミッドウエスト血統(1/2)バランス
アニャちゃんはウエストライン血統(7/8)
CLYDESDALE BASSETS サイトで上記犬達の血統、
写真等を参照してくださいませ。


バセットがだんだん重くなってフロントが地味になってしまった時、
遠い過去にあるイーストラインで戻らなければならない時は必ず来る...
だからこそ、イーストラインをここで構築しなければならなかった。
そして、10年近くかかってやっとてんてん作出だったわけですが...

すっかり忘れていました.....
イーストライン血統のバセットは成熟するまで
3年くらい軽く時間が必要なんだっていうことを!