上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日、千葉で震度4の地震がありましたが
船橋市東部の我が家は、「あ、地震じゃない?」っと感じるくらいで
そんなに揺れませんでしたデス。茨城沖震度4も同じ感じの揺れ方。

てんてん、神山ハンドラー家へお届けにあがりまして
中期学習に突入しました。

完全なアメリカンスタイルのてんてん
美しいバランスで成長しているので、コンディション管理へゴー♪
お出かけしましたデス。

成長期のパピーエイジのコンディションを適切に管理するっということは
とても大切です。


Gちゃんのスタッド候補、2バセットまで絞ってみました。
ちょっと重めだけど、良い肩とリアを持っている英国バセット。
まだ、気になっているバセットがいるんですけど。

管理人は健全性を最優先事項として重視しているので、
ぺディグリー(血統)はもちろんだけど、気質(攻撃的とか、咬み傾向があるとか
シャイとか)は、長い経験を持っていて、先祖犬代々の情報を持っているブリーダー
さんに直接聞いてみないと、血統が運んでいる真実は知ることはできないので
かなり気を配っています。


細かな情報をリサーチして、将来への影響を予測しなくっちゃならないし
中には、バレないだろうと(後づけで言い訳ができるから。)問題を隠す人もいるし、
深い知識を持っていない人もいるので、実際にショーリングであの犬はどーだった?
とか、子孫達はどー育った?とか、ショーに参加している人たちの意見を聞いて、
疑問を1つ、1つ消しながら、スタッドを決めていくという....

残念なことに、英国もヨーロッパも、5-7世代前位に古いアメリカラインがあって
その上でラインブリードされた犬を過去にダブル、トリプルで持っている血統が
ほとんどです。

過去、所有していないメジャーなケネルは知っている限り英国に1つ。
気質がシャイらしい.....一番好きなケネルだし、あっちも気になってるみたい
なので、候補から外したものの、まだ気になってます....

緑内障素因検査を継続し、代々目の構造を把握している英国ケネルを3つ
存じ上げていて、ちなみに英国での緑内障発症率は10-15%。
高い数字。

英国はペットショップ(生体販売)を禁止している国なので、
ご商売として、子犬を仕入れて売るということがない。
だからこそ、個々で血統データを把握できているのでしょう

バセットにマニアックな管理人は、こんな感じでバセット道を
続けているわけなのですが........

原発事故によって放射線物質がたくさん拡散したので、
人もそうですが、バセット達も
DNAにダメージを絶対に受けていないなんてわからないわけで、
確実なことは何1つ言えないのが現状。

正直に不安があるって愚痴をこぼしたら、北欧スエーデンとか周辺諸国って
国土に多い岩盤からラドンの放射線量ものすごいらしく、
管理人宅あたりの数値なら、全然気にしなーいって話してくれました。
そーなのー?と、不安がなくなったわけではないけれど、
それでもちょっと心が落ち着きました。




ご覧になった方もいらっしゃるとは思いますが
これが元内閣官房参与の小佐古敏荘氏が
辞任にあたって(辞意表明)の中で言及されていた
WSPEEDIのデータだそーですよ。

こんなに大変な情報を2ヶ月後に公開しても意味がない!
そして、現在のデータもきちんと公開してほしいです。

↓3月15日にNKKで一瞬流れた
乳幼児に対する被ばく予想。
図①の3月12日の水素爆発、核爆発(?)の拡散時は
船橋市東部の我が家、微妙に免れたものの.....
WSPEEDIMarch16TohokuKantoRegion.jpg



参照元:3月15日の福島原発特定条件WSPEEDI 文科省  
うちは、ヨウ素131積算量では完全にブルーエリア。

f1_12s.jpg

sesium.jpg


そして、23日から25日にっかけての拡散予測。
Deutscher Wetterdienst

20115224.jpg

人生、切り替えて北海道か九州へ行っちゃおっか的議論が
家族内で最近増えてマス。

上記のような情報は、日本では報道されない。
インターネットを使わない、英語(翻訳ソフトでも)わからない人たちは
どーやって子供達の身を守ればいいのでしょうか?

おかしいですね。
海外発信の日々情報を自分で入手しないと真実を知ることができない国なんて。
スポンサーサイト
てんてん、うちに到着しました。

ボンバーやブランチェ....
フォートメリルやフォックスグレンのようなアメリカンタイプの
ハイクオリティバセットの作出はとても難しいです。

スタイリッシュなてんてん...
ここまで10年。ナイスな100%オープンアイズ。
スタック、もう3cm左前足を引けばよかったー。

来週半ばで、生後9ヶ月。
これから、コンディションをかけながら
成熟していくだろう、てんてん。
お楽しみに~。


Gちゃんのスタッド候補、5バセット位にしぼりました...
未だ、未決定なり。

★管理人の前の携帯アドレスにおめでとうメールを下さった方が
いらっしゃいました。携帯会社が変わったのですが、一応表題だけ
届きます。だけど、どなたかはわかりませんでした....

メルアドの変更お願いします。clydes@i.softbank.jp

↓7歳を超えたスピちゃんが背後に...(笑)
HOWELL JP'S ANGIE OF CLYDESDALE - D.O.B. 24 Aug, 2010
Amch. Fort Merrill Riff-Raff ex Ch. Sirius-h Jp's Annet
Bred by Tomoko Sano, DVM / Owned by Tomoko Sano & Ami Nakamoto

angie83w.jpg




千葉浦安愛犬クラブ展のアファン。



5月5日の千葉浦安愛犬クラブ展のアニャちゃん。

1歳1ヶ月。