上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年全米ナショナル展を制したバセット達のお立ち台動画。

バセットハウンドの正しいスタッキングの勉強になりますー。
最初のバセットがBISS
AMCH. トップスフィールド ポップアート オーブライディ

ブリーダー&オーナーは、「ドッグブリーディングの基本」の著者、
我が家のラッキー実家のブリーダーのクラウディア・オーランディ医学博士、
63才!! 向かって左から、ジャッジのグエン、ハンドラーのスー、クラウディア、
そして、プレジデントのランディ。

一番若い(スタッキングに手間取ってるバセットBOS/BW。)子で2歳、
3歳、4歳、5歳、6歳......そして9歳。プロハンが2人、専属ハンドラー1人、
他はみんなブリーダーさん。



コンフォメーション インターセックス ファイナル

↑最終ピッキングで↑犬達が選ばれていく様子です。
2009年アメリカトップバセットハウンド達!

会場を埋め尽くしてる人たちは、趣味で活動しているブリーダーや
オーナーハンドラーさん。驚くことに50年間バセットのブリーディング、
ショーイングやってるっという方が結構いらっしゃいますー。半世紀ですよ.....
プロハンドラーは5人来てました。

手ぶれで気持ち悪くなったらごめんなさいですー。



今年のユカヌバカップでBOSをゲットしたブリーダー/ハンドラー、
ボグーのヘザーさん(カリフォルニア)、なんとナショナル開催前の
週、新型インフルエンザに罹患、病院で逝去されたとお聞きしました。
バセットハウンドのブリーダー/ハンドラーとして積極的に活動されていた彼女、
37歳でした...新型怖いー

オーストラリア軍団の話では、オーストラリアは昨年すでに4歳以下の子供を
除く全国民の新型インフルエンザのワクチネーションは終わってると...余裕でした。.
日本おそーい。

で、今週末オーストラリアでもナショナルズが開催されます。アメリカで
豪州ナショナルズトレーナーもらっちゃったですー。ラッキー!

ショーは、金土日と3ディズショーでセット。
ジャッジは、3日間ともブリーダージャッジ。

2日間のオールブリードショーは、
アメリカからキャッスルヒルケネルのシャロン・ジムダックご夫妻。
(あいこちゃん、酔っ払って踊りながらエイミーはどこ~?って追っかけられたり、
パーティでハグハグされたおじさんだよ...)

ナショナルズのジャッジは、スエーデンからスエーデサンケネルのポーラさん。
さてオーストラリアンナショナルズを制するのは.....??
結果待ちですー。
スポンサーサイト
1才6ヶ月のアファン、今日の中国インター
ブリード 1頭1席(メスはノーエントリー)、グループ3頭1席。
幼い少年月齢で継続してインター総合選を走れるということは
良い経験をつめるチャンス!おめでとう、アファン家。

Afan won a G1 at the FCI Int'l Show in Okayama today. Afan is littermate of my lovely "G". Now, he stays to his handler Masakazu Kamiyama G7 handlers group reg, to well grow up.

afanokayama.jpg


まきこちゃん!!
岡山までお出かけして生アファンのショー見れて良かった。
これから9時間、夜行バスに揺られて帰っておいで~。
ビデオ、楽しみ♪
そー
実はこの数年間、ナショナルズに行って写真やビデオを自分で撮影する
ことが少なくなりました。お友達のブリーダージャッジたちと、あーでもない、
こーでもないっと話しながらショーを観戦しちゃって、
写真どころではないのだよ。(笑)

アメリカンなブリーダー達は、ケネルネームと犬を見ただけで、
5代祖の犬達が頭に並ぶのは朝飯前ってくらいブラッドラインの研究をし続けているので、
ショーを見ながら各々のブラッドラインの特徴、長所、欠点、あるいは、改善部分などを
取り入れて将来のブリーディングの指針を模索しようとしているっという感じなので
1つポイントだけ伝えれば、全てが伝わちゃう.....っという、楽しい時間でもあります。

アファン家あいこちゃんは、来れなかったまきこちゃんやママのために
ずっとビデオを撮影していたので、動画はたくさんっ。
お休み中のグルーミング待ちお客様のカッティングがひと段落したら、
送ってきてくれると思うので、後ほどアップロードしたいと思います。
(プレジデントのランディーに、いい?って一応許可もらっときましたー。)



到着前の日曜日、朝から晩まで(ランチ付)1日かけて
リプロダクション(生殖)のセミナーがありました。
管理人は月曜日着だったので、残念ながら受講申し込みをしませんでした。

月曜日 グレーターシアトル・バセットハウンドクラブ・スペシャリティショー
200位エントリーがあったこの単独展、昨年のテキサスナショナルズに続き
オーストラリアのブリーダージャッジ、友人のマーガレットウェーバーが
BISジャッジでした。(ミグ家と管理人家の共有で輸入待ちのパピーの母は
彼女のバセット。)

夕方5時半くらいにショーが終わって、本当はこの日は毎年、
ホテルでウエルカム・ザ・パーティーっという催し物が行われるのですが、
クラウディアがみんなでチャイニーズ食べに行こう!って言い出し
夜6時半ロビーで待ち合わせして、総勢8人で3時間ほど出かけてしまったので、
パーティで行われたしつけ教室的イベントは見れなかったですー。
個人的には、初日のこのお食事会、とっても良かった!

管理人系話題は、とっても大切なジングルベルをダブルで持ってるラッキーの
繁殖についてで、年を取りすぎているから妊娠しずらいのよぉーってな話になってて
到着前からみんなで話し合っていたらしく、次の若い女の子をエイミーに送るわっ!
って言われて、へ?って知らない間に話は進んでいて。(笑)

しかしながら、ラッキーはWジングルベルの貴重な血液を持つ唯一のクオリティビッチで
どのくらい大事なメスなのかは下記をご覧あれー。

ラッキーの祖母は、アメリカのバセットハウンドの歴史上、ものすごいトップドッグを製作した
トッププロデューシングダムの栄冠を保持していて、ラッキーは2回その祖母を持っている
ブラッドラインビッチなのだ。しかも、バンパーカーズの上でラインブレッドされた犬。
↓彼女の子孫、全米ナンバー1バセットの一覧!

管理人にかかっている責任がどのくらい重いか、
たぶん誰にもわかってもらえないだろーけれど、
今年2回も失敗した管理人、もう泣いちゃいそー。
arty3.jpg
ラッキーもうすぐ4歳になっちゃうので、次失敗したらラッキーをオーストラリアの
マブ友団へ行かせて、あっちの最先端 リプロダクション技術下でソニーとブリーディング
しようと考えています。ただいま、相談中。オーストラリアのバセットハウンドクラブビクトリアの
プレジデント&セキュレタリー夫妻もマブ友でワイン飲み仲間(笑)、超信頼できるバセブリ友
だし、心配はしていないけれど...猛獣がいなくなったら、ちょっと寂しくなっちゃうかも。

本当は管理人の手でって願っていたけど(泣)
いまは個人的感情にこだわっている場合じゃないぞっと。

さて、ネックスト。
ナショナルズでホールドされたいくつかのセミナーについてです。

水曜日、朝8時半から10時まで、ホテルのミーティングルームに集合。
2009ナショナルズ・ジャッジィングエデュケーションセミナーがスタート。
今年のセミナー形式は昨年と違って、一発目からディスカッション形式。
議論しあいながら勉強を進めていくっという感じで、参加者全員1人ずつ
自己紹介(所属団体、ライセンス番号、所有ライセンスブリーズ、コメント)
を話した後、バセットハウンドの審査に重要なポイントを順を追って
話し合っていくスタイルでセミナーは進みました。総勢10名くらい。
natio1.jpg

1時間半くらいミーティングルームで和気藹々ディスカッション後、
テーブル上で参考犬を使って、必ず確認しなければならない部分の説明や
(たとえば、肩の肩甲骨&上腕の造り、角度、長さはもちろん、
胸部スターナムの底辺にある骨の長さや形状を必ずチェックとか)
コレクト、インコレクトの違いを明確に理解できるよう、数頭を用意。

natio2.jpg

この後、2時間の実技講習。
ナショナルズメインリングで、実際に6バセット(BOB選に出ている犬達)を並べて
普通にショー形式で審査。管理人はサスクアッチダブルエクスプロージャー、
尊敬するシャロン、バイユーカルズのバセットを担当。そして、実技講習後も
メスクラスの審査中セミナーは続く、続く。翌日も、翌々日もこんな感じで。
実技講習の様子は、後ほど動画で!

studycoti.jpg


続く。
いきなり、コンフォメーション ベストオブブリード選。

↓アメリカで出版されてるハウンドグループマガジン、
サイト&セントという雑誌の9月号表紙、
上のレッド&ホワイトのバセットが2009ナショナルズを制したBISSアーティ!
下のバセットは全犬種BISウィナー、2009全米ナンバー2バセット
同じケネルのティミーこと、トップスフィールド アメリカンエキスプレス。 

arty.jpg

ショーカタログで数えてみたら、
チャンピオンクラス+ベストオブウィナーズの1バセットの合計出陳数
全部で100バセット位もいなくて、例年の1/3くらい?全部で61バセットでした。

初日のスペシャリティ、
オーストラリアのブリーダージャッジ マーガレット・ウェーバー(全米ナショナルズ27年目!)
のBISSは、↓ショータイム ショックアンドアウェイ。
(ナショナルBOB選のエントリー数とほぼ一緒)

最終まで上がってくるバセット達は、各バセットなりに他のバセットとは違う
目立つオーラを発してます。いろいろなタイプの中のベストっという感じでしょうか。
どのバセットも甲乙付け難い、素敵な魅力を持っていました。

BISSバセットの最終ラウンドの様子です。
bestofbreed4.jpg

左:BISS トップスフィールド ポップアート オーブライディ &スー 
右:AOM スプラッシュ ザ プロフェッサー&ビル・ノーラン
bestofbreed1.jpg


左:AOM バイユーカルス ブレイブハート もうすぐ9歳!&シャロン
中:AOM ショータイム ショックアンドアウェイ &サンリーン
右:AOM クラシック リヴァ &クラウディア・レーン(元ボジャングルス)
bestofbreed2.jpg

ぜんぜんナイスショットじゃなくてごめんなさいー。
BHCAナショナルズサイトにグッドな写真が掲載されてますー。

左:ベストジュニアハンドラー サラ・ブルーム 
中:AOM フレボローズ ブリースオブスプリング(カナディアンバセット) 
右:AOM ブロッサムヒルズ マンマミーア &マイク・ストーン 
bestofbreed3.jpg


審査中のスプラッシュ ザ・プロフェッサー
(ただいま全米ナンバー1バセット。リーディング中)
bestofbreed5.jpg



プロフェッサーで思い出しました。昨日、HIRO’Sシーズン3の5を
見てる最中、ついソファでうたた寝。夢心地の中、なにやら外で大きな声がして
誰かが騒がしく、ギャーコラ話してる声が聞こえて。半分頭寝ながら、きっとご近所の家に
おしゃべりなお客様がいらしてるんだなーって思いながら、また寝ちゃったわけなんですが.......

バセブリ友のじゅうべい家(ヒナタマムバセット)
彼ら管理人家から車で10分くらいのとこに住んでマス。

インターフォン押したけど出なかったのよー、
せっかく来たから、管理人家のガレージ抜けて敷地をテクテク散策
奥のバセット部屋&庭のランに放たれてたバセット達と話しちゃったー。
フレンドリーでぜんぜん吼えなかったわよぉー。
で、テラスから部屋を覗いてみたんだけど、
誰も気がついてくれなかったから帰っちゃったーっと電話。
ピンポン反応なしの時点で普通は帰るっ。(笑)

ブラインドオープンにして
うかうか寝てたりしちゃダメなんだと思い知った昨日だったのだ。(笑)
えーっと
普通のデジカメで何枚か撮影した写真掲載しますー。
シアトルタコマ空港からレンタカーで1時間半くらい走ったシェルトンっていう町の
手前の湖畔の横っみたいなところにあるホテルへゴー。

会場のホテルは、リゾートって言ってもカジノが売りらしく、
常時セキュリティがホテルの内外を警備。いろんなギャンブルがやれるみたいで、
あんな田舎に結構な数の宿泊客がいました。

ドッグショーのために宿泊してた人側のホテルのレストランでアメリカンご飯を食べるのに
飽きちゃって、カジノ会場の奥にあるバッフェに食べに出かける時にギャンブル中の
みなさんを目撃。ロマンスグレーロンゲ系の怪しいカップル達とか、チェックのネルシャツに
ジーンズにタトゥー無精ひげ系とか、口紅真っ赤だけど髪の毛ダメダメみたいなちょっと人生に
疲れてる風な人たちがたくさん遊んでました。ちょっとチープな感じで引いちゃいましたよー

先に着いてたオーストラリアチーム、カジノに挑戦したけどすぐ500ドルなくなったって
言ってたので、↑あー見えて、もしや1万ドルとか持って遊びに来てたのかも?!


ナショナルズはホテル横のイベント会場で。ドッグショーが始まる前の会場の様子。
ジャッジィングセミナー実技講習もこのメインリングで行われました。
showplace.jpg

大型のスクリーン!
showplace2.jpg

バセットの席次パネル。
sekiji.jpg

トロフィーやリボンですー
shohin.jpg

shohin2.jpg


歴代の犬名が刻印されているウィナーズやAOM、BISのトロフィー。

右端の方がバセットハウンドクラブオブアメリカのプレジデント、
アンブリカンのランディー。見たまんま、テキサスですよ....
shohin3.jpg
↑アンブリカンバセット、ただいま管理人家とバセット親戚で、スピちゃん&ソニーの兄弟を出陳中。
AUST.GRAND.AMCH.バハラズドリームチェイサーをアンブリカンへ導入~。
写真送るねーって約束したので、パピー月齢のオスの頭部、ネック、胸部、フロントだけ公開♪
アンブリカン フェア バンクス 生後半年。 いいじゃんー!

ambricanchaser2.jpg


trophy1.jpg

trophy2.jpg

trophy3.jpg

trophy4.jpg