上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日の愛知全犬種展.....

アファン、グループ1st!

おめでとう!

ブリードは何バセット出てたかは知らないんだけど、
今日のグループジャッジは.......
2007年ウエストミンスター展のハウンドグループのジャッジ
ダグハーティー氏。

管理人、今日のショーでアファンがどう評価されるのか
すっごい興味があって、ドキドキしてたんだよねー

誰も見にいけなかったから写真はまだないんだけど
グループ選で全犬リング入場してからジャッジ、
アファンのことさら~っと見ただけだったそー。
なんだけどっ!

選出時に本当は4席からロゼットを渡すんだけど、
最初にアファン1席!みたいな。(笑)
ハンドラーのAさん、アファンまだ生後10ヶ月(11だけど)なんですーって
お話下さったらしく。
ジャッジ、アファンのことをとても褒めてくださったらしいですー♪
特に頭部。嬉しいよー

とにもかくにも 
3戦目で2枚目、MCC獲得 おめでとう!
スポンサーサイト
やっぱり、あっっという間に消えちゃいました。
つみきのいえ。

今朝、神奈川インター&千葉インターの写真CDを見ました。(遅すぎ)
(photo by Y Kondo&グッドラックさん)
超ラッキーなことにスパイク、インターナショナルドッグショーでRKING~
総合戦の写真をいくつか掲載。

審査員、リアキックをチェックしてますねー
kanas1.jpg

ラインナップのスパイク。
kasas2.jpg

3本選出中...まず素通り。
kanas3.jpg

アフガンを選び、バセット、シーズーっと...
kanas4.jpg

キング確定後,
Rキング(泣きの嵐でしたぜー)の記念写真ゲットへゴー♪
↓管理人、スパイクマミー、ハンドラーのFちゃんで大興奮中。
kanas5.jpg

その足元でふつーなスパイク。
kanas6.jpg

お立ち台ー
スパイクマミー、一緒にゴー♪ってお誘いしたんだけど
えーーーーーーーーーーーっということで
kanas7.jpg

神奈川インター終了後、豪州の知り合いたちにソニー息子やりましたぜぃって
ってお知らせしましたら、NZベストインショージャッジはダックスのスペシャリストよぉー
すっごい良い人だってお知らせくれました。うれしかったよー。
065.jpg

っと、最近よく諸外国の知らないブリーダーから逆オファーの問い合わせがあります。
どこの国も不況なんでしょうか、ちょっとおかしいなんてもんじゃない感じ。
もちろん、こんなの一部の人でそうじゃない人の方がぜんぜんいっぱいですけれども。

"チャンピオンシップを終えたら日本へ送りたい(売りたい)"っとか、
"世界のバセットは小さくなってきてるけど、我々はサイズの獲得に成功した"っとか、
"両親はあの○○CH.の何々で、本当に素晴らしい。"っとか......
よくわからないことを書いてくる。

で、"バセット欲しがってる日本のブリーダーのリストをくれ"って...いうのよ!
(本犬が大抵ヘンだったりする。)
管理人に将来報告してもらえるから安心っとか...勝手なことを書いてくる...
なかにはハウンドクラブ(地区の)会長とかもいるんだな、これが。
最初は失礼にならないようにっと丁寧に返信を書いていたけど、
今は全部無視してます......ジャパン、なめないで頂きたい感じ?(笑)
頑張ります....
管理人、映画大好きなのでございますー

今日のアカデミー賞 短編アニメーション賞を受賞した
加藤久仁生監督作品 「つみきのいえ」

たぶん、こぴーらいとってことで早々消されちゃうと思うー





昨日サブちゃん、チャンピオンフィニッシュ with MCC♪
Fちゃんおめでとうございました。
アファン、2回目のショーMCC獲得ならず~遊ぼー遊ぼーってテンションあがりまくり。
まだお子ちゃまです。(笑)今週末のクラブ展アメリカンジャッジ、翌日の中部はスパイク。




管理人家、そろそろ落ち着いた頃かと思いきや、どーもいまいちだわよー。
二世帯といっても同じ屋根の下で一緒に住んでるって感じゼロだし、
生活音とかまーったく聞こえないのだけど、なんだかまだ慣れないー。

それに比べバセット達はもうすっかり慣れた感じです。
毎朝、6時過ぎには「ママ、トイレ。」「おなかすいたです。」と呼ばれます..

で、ドアを開けると目の前こんな感じ。(笑)
revimg.jpg

スタンダードダックスのマヤとGは仲良くゴロゴロ....
mayagso.jpg


部屋は7m×3mの横長なので写真では見えないけどスピちゃんがいる奥に
サークルとか、#500バリ全員分一応並べてるんだけど、使ってないのだ。
ちょっと書かせていただくと(笑)
部屋の壁にサイディング材を使ったのは大正解ー。防音効果も高いし、
エアコン良く効くし、ヨダレとか飛んで汚くなっても思いっきりゴシゴシ洗えるし。
最高♪

たくさんのバセットと一緒に暮らすって最高にハッピーなんだけど
実際にバセット7頭+2頭を普通の家の中で飼うって、これがまた
今までかなーーーーり大変だったわけです。(笑)
匂い、毛、壁の汚れ....どんなに頑張っても、限界ってものがあるんだわねー

今回バセット部屋を作って、シャンプー&ドライヤーもそこで出来るようになったし、
部屋中、じゃんじゃんゴシゴシ洗えるし、お隣さんにバセットが吼えてる声、
全然聞こえないって言われたしー、ものすっごい気が楽になりましたです。

外のラン(ってほどのものでもないけれど)
5m×2.5m、3m×2mの2つのレーン、砂利を使ったけど近いうちにコンクリに。
やっぱり、ゴシゴシ消毒できたほうが気持ち良いですー

バセット部屋に写真飾ったり、絵を飾ったり...楽しもーと思ってますー
もちろん製作して頂いたステッカー♪飾ります~!
clydes.jpg

※「ドッグブリーディングの基本」着々とご予約頂いております。
月末~来月頭には発送開始。
価格8400円(税込)全470ページ。送料、着払手数料等のお問い合わせは、
千葉西バセットハウンドクラブまで。
E-mail jdn03540@nifty.com
FAX 03-3622-7897




「ドッグブリーディングの基本」 
理解するべきツールとルール!


「この本を、犬への情熱と弛(たゆ)まざる向上心を共有する、あらゆる場所のブリーダー仲間に捧げる! 」
(Dr クラウディア・W・オーランディ博士)
バセットハウンドクラブ・オブ・アメリカ、バセットハウンド大学・カリキュラム、アメリカンケネルクラブ後援

a98.jpg

犬の繁殖について専門的な知識が簡単に身に付くスーパーブック!
全犬種、そして、どんな経験値レベルのブリーダーにも対応できる自宅学習プログラム!


ブリーダーのツール#1:遺伝学

遺伝学の知識をあまり重要視しないブリーダーが未だに存在するが、形質[遺伝的特徴]が世代から世代にどう手渡されるかを理解しなければ、世代を追って改善していくような健康で質の良い犬を一貫してブリーディングすることはできないであろう。誰でも、偶然に1、2頭よい犬を育成することはあるだろう。しかし、遺伝学の要素が含まれるブリーディングプログラムでは、何故、何が起こるのかを理解することが、長所を保ち、欠陥を除くための重要な鍵である。 ~続~

ブリーダーのツール#2:繁殖システム
ブリーダーのツール#3:血統書
ブリーダーのツール#4:選別
ブリーダーのツール#5:解剖学
ブリーダーの概念#6:無知なケネル
ブリーダーの概念#7:遺伝的欠陥

参考文献と推奨図書リスト
注釈つき文献
「ドッグブリーディングの基本」フラッシュカード
ワークブック練習問題




相変わらず体調が良くない管理人。
こう不景気だとテンション下がりまくるのもしかたがないよねー。
これからもっとダメダメになっていくらしいよー
景気が悪くなると妙に怪しい大きい話が飛び回るのが世の常みたいなので
みなさん、詐欺に引っかからないように気をつけましょうねー

最近の管理人は、じっくりお勉強期なんでございます。
マイメンター、クラウディアとここ毎日、George Padgettの
Controlling Canine Genetic Diseasesっという本をテキストにして...

"ノーマルな遺伝子のための同型接合体優性対立遺伝子"について
論理的に熱く語り合っています。(笑:遺伝子が通り抜けちゃう個体って感じ?)
常染色体劣性遺伝形質の排除がテーマなんだけどねー

アフェクテッドした先祖がわからない場合、ある形質の遺伝子欠陥キャリア
かもしれない犬をどうやって予測するのかっとか、
情報ゼロの犬のクリアーかもしれない可能性をどうやって割り出すか?
そんな感じなんですけどねー

メンターは完全に学者肌ですから
問題が起こったとき、全米いたるところにいるバセットブリーダーは
彼女に血統書や先祖個々の情報を送って相談。
そして、彼女は次世代に起こりうる最悪のシナリオを想定しながら、最も
悪いパターンを切り抜けるためのブリーディングプログラムを組んで
みんなをヘルプ。

壁にぶち当たった時、それをクリアーするに向けて全力投球できる頭脳と
正直さにはすごいものがあって、1つ1つパズルを解くように全力を尽くす。
そんなケースを例に学んでいるわけですが、性格がさっぱりしていて
回りくどくないから、トントンと議論は進んでいく。
知らなかったことを理解できるプロセスって、ドキドキして刺激的。

管理人がブリーディングについて議論しあってる人はいまのところ
みんな外国の人なんだけど、一様にスタンダードvs自分の犬の品質は? 
みたいな冷静な判断があたりまえにできるわけで、普通に遺伝学を
ブリーディングプログラムに用いているわけなんだよねー

世界中のバセットハウンドが抱えている問題の排除を考えるとき、
お顔の可愛い健全な子犬でっすー♪とか、
そーんなこと言ってる場合じゃないのよねー

「正直であることが、遺伝欠陥を制御する唯一の道である。」

前向きな議論ここでも出来たらいいよねー